2010年1月30日土曜日

ロースター

待ち望んでいた日本が誇る焙煎機メーカー、フジローヤルのロースターが来週あたりに届きます
2009SCAJでほれ込んでしまいました
いろいろと準備をする必要があるので調整段階が続きますが
NAKAYAMACOFFEEのコーヒーの品質は格段にあがると思います

2010年1月29日金曜日

明日の神話



圧倒されるパブリックアート
あまり行く機会のない東京渋谷ですが、そのときは必ず見に行きます


「明日の神話」詳細はこちら

2010年1月27日水曜日

Bialetti MOKAEXPRESS

東急ハンズや雑貨屋さんのコーヒー器具コーナーにいけば出会えるひげおじさん
(ムスタッシュマンという名前があるみたいです)
見たことあるけど、どうやって使うか分からないコーヒー器具ナンバーワン!

昨年のSCAJにも展示されていました
昔からこの器具を愛用していたのでうれしくなっていろいろ話も伺いましたイタリアの家庭で親しまれている直火式のコーヒーをつくる抽出器具です
一家に一台あるといわれるほどですから、日本で言う関西人のたこ焼き器みたいなものだと理解しています
エスプレッソ並みの濃いコーヒーがつくれます
歴史はエスプレッソマシーンの方が古いそうです
ちなみにこういう形式の抽出器具をマキネッタといいます
使い込むほど味わい深くなるような気が
美味しく飲み続けるために使用後はきちんと洗ってください
カフェラテにするのがスタンダードだと思います
グラインドは極細挽きでセットすればかなり本格的な味わいが楽しめます
個人的なおすすめはアイスにたらすアフォガード
(バニラ味のロッテ爽にたらせばフラペチーノのような味わいに)


火力を上げすぎて取っ手を溶かさないように注意しましょう

2010年1月24日日曜日

八色にぎわい市場で移動カフェ営業中







土曜日は天気が悪く、風がきつく体は凍った状態で皆、心なしか無口でした
日曜日は天気が良く、風はなくのんびりしていて人々は穏やかにみえました
天気で人の気持ちは変わるもんです
写真はもちろん日曜日のいい気分の時です

八色にぎわい市場は京都府木津川市にある、安全で新鮮なこだわり野菜をはじめ、季節を彩る食べ物の直売所です
お店も駐車場も広くゆったりしたスペースです
NAKAYAMACOFFEEは土曜、日曜の不定期ですが、出店しています
ショッピングサイトにはないビーンズやハンドドリップしたコーヒー、コーヒーに合うお菓子も販売しています

2010年1月22日金曜日

D'Angelo

みなさん
ディアンジェロというアーティストをご存知でしょうか?
この人の音楽
コーヒータイムというよりはお酒の方があうかもしれませんが

Black musicに詳しい方なら曲は知らなくても名前だけは聞いたことがあるはずです
ヴォーカルだけでなく、ピアノ、ギター、そして作詞作曲といったプロダクション作業までこなす非凡な才能を持つ色男であります
1974年バージニア州リッチモンド生まれのまだまだ若い現役のはずが
ミュージシャンの天才肌にありがちな気難しい性格もあいまって
才能があって売れているミュージシャンなら毎年のようにボンボンとアルバムをだしているこの時代に、なんとD'angeroは正規のアルバムがたったの二枚だけです
しかも現在は服役中という噂まで
毎年「今年こそアルバムが出る」という情報が流れ
裏切られています
唯一の裏切らない事実は二枚目のアルバム「Voodoo」は素晴らしいということです

Jazz,Hiphop,Soulといわれている音楽が好きな方は脳の回路にピンとくるものがあるはずです
ただし、聴いてるヒトに手招きして「さぁみんなで踊ろう」というタイプの音楽ではありません
どちらかというと安易にヒトを寄せ付けない空気が全体的にあります
私は聴いてるうちに無意識の世界へ旅立つ回数が増え、かなりマイレージが貯まっています
「何曲目の途中から入ってくるファルセットボイスが~」
と言い出すときりがないのでやめときます

機会があれば聴いてみてください
自分と向き合う時間にマッチしますよ

2010年1月21日木曜日

WELCOME TO NAKAYAMACOFFEE

厳選されたSpecialty coffee beans
独自のRoastで丁寧に
香りが高く
飛び跳ねるおいしさ
Yum yum...

2010年1月20日水曜日

お知らせです

少しでも便利にご利用いただこうと
ナカヤマコーヒーの通販サイトにて、ついにクレジットカードがご利用いただけるようになりました
(Visa,Master card,Diners)に対応してます
株式会社イプシロンが決済の代行をいたします
ちなみにコンビニエンスストア決済(ローソン、セイコマートのみです)も同時にご利用可能になりました

クレジット決済の契約審査をクリアした時は自分の仕事が社会の信用を得るということが実際の形になって、少しだけ誇らしい気分でありました

どうかこれからも、よろしくお願いいたします

2010年1月19日火曜日

メキシコの飾り

これは雑貨屋さんで購入したメキシコの飾り

ペラペラの金属製ガイコツのマリアッチたちです
太陽が近い国らしい乾いた雰囲気があります
なんといっても配色が気に入った
しかしいろんな場所に飾ってみたけど
この静かな日本の寒い冬には少しシュールすぎますね

祭り気分を盛り上げてくれそうなんでイベントの時にでも飾ろうかと思います

2010年1月18日月曜日

おいしくコーヒーをのんでいただくためのポイント

おいしくコーヒーをのんでいただくためのポイント

*鮮度&保存(KEEP FRESH)
コーヒーは生鮮食品といわれます
焙煎したて、挽きたて、淹れたてで楽しむのがベスト
湿気、熱、光、酸素を避けるため密封容器にいれて冷暗所で保存 
豆のままのなら焙煎してから一ヶ月以内 
挽いた豆は二週間以内に飲みきることをおすすめします
冷凍庫なら長期保存も可能です(但し抽出時は常温に戻してください)

*分量(BALANCE)
これはお好みですが分量と比率で味は変化します 
お湯150mlに対してコーヒーの粉10gくらいの比率を目安に 

ex) マグカップ1杯200mlの場合コーヒーの粉15g

*水(WATER)
カップの中のコーヒーは99%が水分です
温度は85℃~90℃が適温です
浄水器を通すかミネラルウォーター(軟水)など不純物のない新鮮な水を使いましょう

*挽き具合(GRIND)
使う抽出器具に合った挽き具合で
(適した抽出方法)
<粗挽き> コーヒープレス
<中挽き> ネルドリップ コーヒーメーカー
<中細挽き> ペーパードリップ
<極細挽き> エスプレッソマシン マキネッタ

おいしいコーヒーのいれかた(ペーパードリップ)

おいしいコーヒーのいれかた

① 準備   
まずはカップとコーヒーサーバーをお湯で温めておきましょう

② 温度   
沸騰したお湯をしばらくおくかケトルに移します(85℃~90℃が最適です)

③ セット
ペーパーフィルターの端を折り、ドリッパーにフィットするようにはめこみ
コーヒーの粉(挽き具合はグラニュー糖とザラメ糖の間ぐらい)をいれ
ふちを軽くたたくように平らにならします

④ 蒸らす
サーバーの上に粉の入ったドリッパーをセットし
ゆっくりたらすように少しずつお湯を注ぎ
コーヒーの成分を最大限に引き出すために
コーヒーの粉全体が湿る程度で注ぐのを止め
20~30秒ほど蒸らします

⑤ 注ぎ方
ペーパーフィルターの側面にお湯がかからないように気をつけながら
コーヒーの粉の中央からゆっくりと円を描くように数回にわたってお湯を注ぎます 

⑥ 出来上がり
抽出の最後は雑味があるので、全て落ちきる前にドリッパーをはずします
ポットを軽くまわし濃度が均一になるようにカップへ移しましょう




イラストがなくて多少わかりづらいかもしれませんが
ポイントをつかめば難しい抽出法ではありません
豆の量や挽き具合、湯温、抽出速度などで自分の好みに合わすこともできます

これでも美味しくない場合は
コーヒー豆そのものに問題があり ということです

2010年1月17日日曜日

CUBAのコーヒービーンズ

コーヒーの産地としてはそれほどポピュラーではありません
キューバという国

カリブ海 チェ・ゲバラ ラム酒 モヒート 葉巻 ダンス ラテンミュージックこのキーワードでけで魅力的であります
この国のことをもっと知りたい

という憧れから
キューバ産のコーヒーを仕入れ、サンプルローストしてみました

ハイローストからシティローストあたり
ライトボディで香ばしく、華やかな酸を感じます
JamaicaのBlueMountainに代表されるカリブらしいマイルドな口あたり
余韻もいい感じです

上品な雰囲気で売り出されてることが多いカリブ周辺のコーヒーですが、あえて気軽にマグカップで楽しむというのはどうでしょうか

そろそろ中山珈琲|コーヒー豆の通販サイトでもご購入いただけるかと思います
お楽しみに

2010年1月16日土曜日

山科 随心院 小町手作り市

少し前になりますが1月9日、京都の山科にある随心院の恒例 小町手作り市に参加させていただきました

午前中の厳しい寒さと透き通った空気に雲ひとつない空は
隋心院の雰囲気とかなりマッチしてた…という記憶が

たくさんの方に暖かいコーヒーを飲んでいただきました
ありがとうございました、また参加させていただきます

その日の賑わいっぷりをあまり写真におさめる余裕がありませんでした
もっと詳しくご覧になりたい方は随心院小町手作り市アクセスページ

2010年1月15日金曜日

コーヒー袋

製造業の基本は生産性と品質を求めます
あらゆるモノが効率化・簡略化されているこの21世紀の現在
なんと驚くことにNakayamacoffeeのコーヒー袋は逆行するかのように非常に非生産的・非効率的な工程を経て製造しております

手押しのスタンプ…
なんという現実でありましょうか


しかし、嘆いているのではありません
製造者本人は楽しんで作業しております

その非生産的・非効率的な工程を経て製造しているコーヒー袋が今年の春ごろにはデザインが変わる予定です
またお知らせいたします

2010年1月14日木曜日

毎度おおきに&2010年2月7日@GOOD FOOD

どうも、ごらん頂きありがとうございます
2010年からBloggerを使いNakayamacoffeeをもっとよく知っていただこうと思い、ブログ始めます
@Nakayamacoffeeの今後のイベントや手作り市の出店の予定&報告
@Nakayamacoffeeの新商品への細かいコメント
@コーヒー以外にオススメしたいヒト、モノ、店、音楽、現代美術などを紹介していきたいと思います

今日はとりあえず告知です

コーヒーはみなさんの身近にありますが、あまり知られていないことも多いです
しかし難しいウンチクは相手が望まなければ語りたくないし、また聞きたくもないはずです
セミナーや教室ではないというスタンスを理解していただきたい
ということで楽しく飲み比べ
利き酒感覚で遊んでもらおうと思ってます

GOODFOODへ是非お越しください