2013年9月29日日曜日

まつがった。

まつがってますね。
読む場合はありえないまつがいです。
そして悪気もないでしょうし、こちらも悪い気はしません。

ナカセンコーヒーの通販はこちら


2013年9月27日金曜日

コーヒーが燃料。

体が動かない、オイルを注さないとギシギシいう感じ。
皆様、お疲れでしょう。
コーヒーの香りでリフレッシュといきましょう。
仕事がはかどりますよ。

そのコーヒー、nakayamacoffee online 、中山珈琲焙煎所で買えます。



2013年9月24日火曜日

中山珈琲研究所やります。

諸事情で延期させていただいた、中山珈琲研究所は今週木曜日に開催します。
(朝10時より)
今回はブレンドの研究。
マニアックですね、これとこれを混ぜればどんな味わいに変化するのか、もしくは理想の味わいは何と何をどんな配合で混ぜれば近づくのか、といった内容になるかと思います。
このテーマは研究生からご提案いただきました。
楽しみでございます。

もう一つ、お知らせ。
10/6(sun)に「中山珈琲研究室」も開催します。
なんと京都市内に中山珈琲の研究室が出来ました。
わたくし所長が出張研究いたします。
噛み砕いて説明するとワークショップなのですが…
開催場所、普段は家具と衣服の工房「108chaju」をされています。その108chajuさんの記念すべきイベントの目玉に抜擢されました研究室、内容はペーパードリップの基本と、ドリップの突っ込んだところまでやる予定です。
只今、お申し込み受付中です。
詳細はこちらです。

よろしくお願いします。

2013年9月20日金曜日

9/21(sat)けいはんな記念公園「観月の夕べ」

9/21(sat)京都 精華町@けいはんな記念公園「観月の夕べ」 出張ドリップ&珈琲豆販売
17:30-21:00

毎年呼んで頂いてるイベントです。
今年はきれいな月を眺めることができそうですね。
けいはんな記念公園内、水景園入口付近でお待ちしております。

2013年9月18日水曜日

10月:移動カフェ・出張ドリップの予定

10/5(sat)京都 木津川市@木津川アート 出張ドリップ&珈琲豆販売
10/6(sun)京都 紫野@108chajuさん「中山珈琲研究室」 ワークショップ
10/13(sun)奈良 奈良市@FIELD NOTEさん 出張ドリップ&珈琲豆販売
10/20(sun)兵庫 篠山市@兵庫陶芸美術館 出張ドリップ&珈琲豆販売
10/27(sun)大阪 天神橋@アンズ舎さん ワークショップ

関西・近畿を中心に移動カフェを実施中

2013年9月14日土曜日

15日(sun)茶源郷マルシェ・16日(mon)焙煎所営業

15日は隣町の和束町で茶源郷マルシェに出店してきます。え、その日は雨?人間はそういう予想をしてますけど、雷様はどう判断するか解りませんので淡々と準備する次第でございます。
それにしてもここのところ週末だけやたら雨が多いなぁ、風神、雷神、あー雷神と雷様は一緒?一体誰にお願いするべきか…
@和束茶カフェ駐車場
am9-pm2
 
16日は中山珈琲焙煎所で営業しております。
pm0-pm8

17日はお休みいただきます。
よろしくお願いします。

2013年9月11日水曜日

呪文

ぼちぼち、じわじわと本格的に、体に温度としての温かみを感じる、文字通りホッとするコーヒーを味わう季節です。

午前中はサンドイッチかトーストと一緒に。
午後の休憩はおやつと。
食後にチルアウト。

こんなことを、読んでいただいてる方に呪いの呪文のように言い続ける次第でございます。


2013年9月6日金曜日

9/8(sun)まるすに出店

9/8(sun)は琵琶湖の近江舞子で"まるす”というイベントに出店します。
昨年も出店させてもらいました、最後はぶず濡れで面白かったです、はい。

いつもお世話になってるGOOD FOODさんTetra-milieuさんも参加!
あかねさんのライブも楽しみやし、ご無沙汰してる茶ノ木カフェさんのカレー!
Haneliさんのウィンドサーフィン、kupuさんで買ったハンモックも並びます。

湖岸でハンモックに揺られてコーヒー、そしていい音楽。書いてるだけでニヤけるぜぃ。

まるす

2013年9月4日水曜日

夏の終わり

静かな夜、窓を開けると、ええ風がはいってきました。
朝晩は確実に涼しくなってきてます。
ああ…過ぎ去りし日々よ。
そうやって夏は徐々に、ほんとに去っていくのです。
思い返せば、8月の暑さにはあれだけうんざりしてたのになぁ。
人の心は誠にいい加減でございます。
こんなことを毎夏思ってますけど、いくつになっても夏の終わりの寂しさを感じるものなんでしょうか。大抵のひとは夏休みがある小学生の頃から感じてたはず。
この種の寂しさは悪い気もしないので、キープしておきたい感情でもあります。

 誠に余談ですが、この時期は油断して蚊に刺されるパターンにも注意でございます。

2013年9月3日火曜日

roast!roast!roast!

昨日は久しぶりの休日出勤でした。
しっかり休むのも大事です、ケロケロ(けど)それ以上にやりたい・やるべき仕事でした。

次の日曜日は琵琶湖まで出店です!
詳細はまた後日。

2013年9月1日日曜日

9月のおまかせ3種

9月はめずらしいところ。

おまかせ3種のセレクトにおいてのルール、といえば大袈裟ですが、心がけていることがあります。
・先月のセレクトと同じにならないように(ハウスブレンドは例外)
・季節に合ったコーヒー豆を

ということで、9月のセレクトは
・House blend(100g)
・Ethiopia yirgacheffe(100g)
・Brasil'66(100g)

今月はあまりピックアップされてないコーヒーをセレクト。エチオピアは軽くて爽やかな味わい。ブラジル’66はエスプレッソブレンドと言うてますが、バランスがよくて香ばしく、どんな抽出法でもいけます。二つともコアな人気があるので、まだ飲まれたことのない方はこの機会に、是非。

@House blend
*産地 グアテマラ、コロンビア
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティ~フルシティロースト
カカオのようなアロマとボディ チョコレートのような風味が鼻に抜ける 広がる甘みをほのかな酸が中和します 後味もよく飲みやすく仕上げています
スペシャルティの中南米産ビーンズをベースにその年や季節にあわせて農園、品種、配合をかえています

@Ethiopia yirgacheffe
*産地 イルガチョフ
*標高 1800m~2350m
*品種 アビシニカ(ティピカ)
*規格 グレード1(水洗式)
*精選 手摘みによる収穫後、水洗処理
*収穫時期 10月~1月
*ロースト ハイ~シティロースト
モカという名前でも親しまれ、クリアな口当たりに柑橘系、フローラルな香りがあります。
イルガチョフ地区は豊穣な火山灰性土壌、昼夜の寒暖差などコーヒー栽培に適しており、スペシャルティーコーヒーとして世界的に注目されてます。
素晴らしい環境の下、より高い質を得るために信頼できる生産者からオークションを通さず、直接農家から良質なチェリーを買い付けているイルガチョフ農協を選択。
イルガチャフィコーヒー生産者組合連合(YCFCU)は2002年に発足した農協で、現在ではコーヒー農家約44000家族・21生産者組合が参加をしています。

@Brasil'66
*産地 Brazil、Guatemala、Ethiopia
*味わい ミディアム
*ロースト シティー~フルシティロースト
*あう食べ物 お菓子全般
おすすめはBlack,Milk,Sugar
エスプレッソで飲むと焦がしたヘーゼルナッツやほろ苦いブラウンシュガーのような風味が口の中に広がります
アフターテイストがまったりと甘く素敵なブラジル産の豆を66%配合したブレンドです
ミルクとの相性もよく もちろんドリップでもおいしく飲めます


おまかせの三種類(各100g)