2014年1月31日金曜日

2月のおまかせ3種

2月はもっと飲んでみてほしい。

おまかせ3種のセレクトにおいてのルール、といえば大袈裟ですが心がけていることがあります。
・先月のセレクトと同じにならないように(ハウスブレンドは例外)
・季節に合ったコーヒー豆を

ということで、2月のセレクトは
・House blend(100g)
Colombia Andeanseleccionados(100g)
・Kenya Karatina(80g)

今月は 美味しいのに何か惜しい を揃えてみました。
コロンビアはボディもあり飲みやすい、バランスが良すぎて目立たない優等生。
ケニアもボディがあってフルーツの甘みも豊か、飲めば美味しさがわかるのに少し高い(なので80gです、すいません)。

@House blend
*産地 グアテマラ、コロンビア
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティ~フルシティロースト
カカオのようなアロマとボディ チョコレートのような風味が鼻に抜ける 広がる甘みをほのかな酸が中和します 後味もよく飲みやすく仕上げています
スペシャルティの中南米産ビーンズをベースにその年や季節にあわせて農園、品種、配合をかえています

@Colombia Andeanseleccionados
*エリア コロンビア・ボヤカ
*品種 ティピカ 100%
*標高 1700m以上
*精製方法 ウォッシュド、天日乾燥(サンドライ)
*スクリーン 16up
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティロースト
コロンビアのアンデス東部、小さな村の農園毎にカッピング(味見)を行ない、コロンビア特有のマイルドコーヒーのみを厳選。
やわらかく優しい酸味、重厚な甘みと澄み切った後口です。


@Kenya Karatina
*農園名 カリンドゥンドゥ村、ラガチ村、マサイシ村の集合農家
*産地 中央州ニエリ県マシラ地区
*精製方法 ウォッシュド、天日乾燥
*品種 SL28,SL34,Ruiru11
*標高 1,770m
*味わい ミディアムーフルボディ
*ロースト シティロースト

おまかせの三種類(各100g)

2月の中山珈琲焙煎所営業予定日


2月:移動カフェ・出張ドリップの予定

2/9(sun)奈良 @FIELD NOTE 出張ドリップ&珈琲豆販売
2/16(sun)京都 @cafe Latelier「ハンドドリップの美味しい淹れ方」  ワークショップ&珈琲豆販売
2/23(sun)奈良 @JR奈良駅前 「奈良オーガニックマーケット」出張ドリップ&珈琲豆販売
3/2(sun)大阪 @Kandaimae Cultivate「ハンドドリップの美味しい淹れ方」  ワークショップ&珈琲豆販売

関西・近畿を中心に移動カフェを実施中

2014年1月29日水曜日

雑感と今週の焙煎所

・夜中に家へ戻ると、明日は寒くなるで、猫がそう言った気がしました。
・仕事もアイデアも向こうからはやって来ない、誰かがどこかで言ってました、メモりました。
・チョコレート嫌いなんです、チョコレート工場の息子さんがお酒の席で言ってました。
・海に行かなきゃ波に乗れない、サーファーじゃない僕が言いました、間違った、そう思いました。

今週の中山珈琲焙煎所は豆の種類が豊富です。
オーダー分以外は余分にローストしないので少量ですが、選べる楽しさを是非。
2/2 日曜日もオープンしてます!
1/30(thu)12:00-20:00
1/31(fri)12:00-20:00
2/1(sat)12:00-20:00
2/2(sun)12:00-20:00

2014年1月25日土曜日

1/26(sun) 奈良オーガニックマーケット

1/26(sun)奈良 @JR奈良駅前 「奈良オーガニックマーケット」出張ドリップ&珈琲豆販売
8:00-12:00
薄着に注意です。

2014年1月22日水曜日

グアテマラ2種を飲み比べ

Guatemala El Lalle グアテマラ・エルパジェ農園とGuatemala Oakland グアテマラ・オークランド農園をフレンチプレスで飲み比べてみました。
と思った矢先にドタバタと忙しくなりました。あー今日は忙しいかなぁと思ったらその後はシーンと静まり返るという、サービス業あるあるでした。

おふざけは置いといて
エルパジェ農園はボディがあって強い甘みを感じます、オークランド農園はマイルドで上品な甘い香りを感じます(当社比)。
オークランド農園は終売へと近づいております、飲み比べは今のうちに是非。



2014年1月19日日曜日

刹那プレッソ

それを言っちゃあおしまいなこと言います。
食べ物の美味しさは喉元を過ぎれば終わりなので、刹那的であります。

コーヒーにはエスプレッソという刹那度高めの飲み物がございます。
一杯のホットコーヒー(150cc~200cc)をつくる為に必要なコーヒー豆とほぼ同量を使用し、30cc~40ccの濃縮されたコーヒーをつくる。30ccって、そんなもんはちびちび3口でフィニッシュですわ。
そして基本的にはエスプレッソマシンという専用の機械でしかつくれません、かなりの電圧を必要とし、電源を入れてマシンを温めて、いつもの調子でエスプレッソがつくれる状態かテストをして(ちなみにマシンも高額!)…マシンと豆と人と、三位一体の結晶を3口でフィニッシュ。
おまけにグラインダー(豆を砕くマシン)、その他器具にも人によってのこだわりがあり、ときました。

コーヒーという深い世界の中でも、更にエスプレッソの深い世界があります。
それを3口で飲み干して、はい終了、ってどうですか…
けど不思議なことに、書いてるうちに飲みたくなってくるんです。

2014年1月16日木曜日

中山珈琲焙煎所、1/19(sun)もオープンしてます。

寒中お見舞い申し上げます。
メチャメチャ寒い日が続いております、冬なんて早く終わればいいのに。冬生まれの人、すんません。あっあとスキー・スノーボード好きの人にもすんません。謝りだしたらキリないですね。

今週は日曜日も焙煎所にて営業しております。
1/17(12:00-20:00)
1/18(12:00-20:00)
1/19(12:00-20:00)
皆様のお越しをお待ちしております。

2014年1月15日水曜日

Guatemala El Valle NEW!

グアテマラ・エルパジェ農園 シティーロースト

*農園名 finca El Valle
*農園主 Cristina Gonzalez
*産地 Antigua,Guatemala
*精製方法 ウォッシュド、天日乾燥
*品種 ブルボン、ティピカ
*標高 1,500m
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティロースト

農園主のクリスティーナ女史は1978年に祖母から受け継ぎ、代々女性が農園を守っています。シェードツリーを使用し、日中の強い日差しと朝晩の急激な冷え込みから守り、木がストレスを受けることなく健康に育ちます。農園に毎年多くの渡り鳥が休息地として飛来してくることから、殺虫剤や除草剤は使用せず、従来の自然形態のバランスを保つようにしています。

オレンジのような酸とボディのバランスがよく、ブラウンシュガーのような甘み

nakayama coffeeではすでにグアテマラ・オークランド農園がラインナップされてますが、グアテマラ産のコーヒーが好き、という個人的な趣向による入荷の説があります。

online→グアテマラ・エルパジェ

2014年1月14日火曜日

El Salvador Fatima NEW!!

エルサルバドル・ファティマ農園 シティロースト

*農園名 Fatima
*農園主 Carmen Duch Martinez
*生産地域 Canton Potrero Grande Arriba, Santa Ana
*精製方法 ウォッシュド
*品種 ブルボン
*標高 2400m
*入賞位 14位

エルサルバドル・カップオブエクセレンス、14位入賞。
ピーチやマンゴーのようなフルーティーさ、マイルドで舌触りのよい甘み、バランスもグッド。

焙煎所では、注文焙煎でお渡しすることになりそうです。
お電話での予め注文も可能です。
お時間を頂きます、ご了承くださいませ。

online エルサルバドル・ファティマ


2014年1月11日土曜日

土日の予定

夜の11時頃、残業してシャッターを閉める。
1/9、外は雨から雪にかわってました、静か過ぎて気づかなかった。

本日、土曜日も焙煎所で営業しております。(12:00-20:00)
日曜日は今年の初出店、平岡工務店さんのお手伝い、楽しみです。

2014年1月8日水曜日

閉店後

夜の8時、シャッターを閉める。
1/8、外は冷たい雨が降っております。
自分以外に誰もいない、ストーブにあたって手を温める。
ふと見ればパソコンは賢そうに黒光りして佇んでいる。ブログせなぁ、とうことで書きました。

品薄状態のケニアも再入荷、そして少量ですが新入荷のコーヒーも来ます。
来週あたりにアップする予定です、お楽しみに。



2014年1月5日日曜日

新年あけましておめでとうございます。

(岡田鴨神社の八咫烏)
新年あけましておめでとうございます。
えーと、昨年は大変お世話になりました。いきなり言い訳になりますが、年末は慌しく過ぎて、ブログでのお礼が遅くなりましたです。

1月は全体的に仕事の動きが少ないので、じっくり焙煎と向き合う。
やっぱり基本の仕事は焙煎、常に答えを求めての勉強やで!
(ふと思った、自分は火を使う仕事なのだ、火を使う仕事は他に何があったかな。料理人、陶芸家、ごみ屋さん、あー話が脱線しそう。)

都会を歩くと至る所にオシャレで美味しいコーヒーショップがあります。
ブームということもあります。コーヒー好きにはたまらん状態ですね。
けどやっぱり世の常、どんな業界でも仕方ないというべきか、全体的に(nakayamacoffeeも含めて)似たり寄ったりな形態のお店が増えつつあって、このままでは買う側も作る側も飽きちゃいます、きっと。
(因みにぼくもコーヒーブームに感化されて、やり始めたタイプです。偉そうに言うてますが)
コーヒーはもっともっと多様性があっていいはず。

「ここでしかつくれないコーヒー、ここでしか飲めないコーヒー。

これ重要なテーマとして加えたいと思います。
けど単なる目標にしちゃうと、奇抜なアイデアとかにしちゃえば~って事でオッケーになる。
ではなく、結果的にこういう風に、多くの方に感じてもらえるように。
そして何より、今後もこの仕事で生活を成り立たせていく為であります。

それではどうしていくのか。
買う側の気持ちを考えて、作る側の心意気を高めていくことに答えがあると信じております。
そして地道に。
大した結論でもなく、ごくごく当たり前な話ですけどね。難しいんだー。

アバンギャルドをやりたかったら、まずはスタンダードをしっかり学べ、やで、2014年も。
(思うがままに書いたので、倒置法を多用となりました。読みづらくてすみません。)
今年もよろしくお願い致します。

1/6(mon)より中山珈琲焙煎所オープンです!

1月の中山珈琲焙煎所営業予定日


1月:移動カフェ・出張ドリップの予定

1/12(sun)奈良 @平岡工務店さん「OPEN HOUSE @ CAFE カフェ気分でお家の構造見学」出張ドリップ&珈琲豆販売
1/26(sun)奈良 @JR奈良駅前 「奈良オーガニックマーケット」出張ドリップ&珈琲豆販売

 

関西・近畿を中心に移動カフェを実施中

1月のおまかせ3種

1月は人気者。

おまかせ3種のセレクトにおいてのルール、といえば大袈裟ですが心がけていることがあります。
・先月のセレクトと同じにならないように(ハウスブレンドは例外)
・季節に合ったコーヒー豆を

ということで、1月のセレクトは
・House blend(100g)
・chill chill(100g)
・Brazil SantaInes(100g)

今月は人気者を揃えてみました。
チルチルはオークランド農園の深煎り、コクのある味わいで華やかさもあります。
ブラジル・サンタイネス農園はマイルドでナッティー。

@House blend
*産地 グアテマラ、コロンビア
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティ~フルシティロースト
カカオのようなアロマとボディ チョコレートのような風味が鼻に抜ける 広がる甘みをほのかな酸が中和します 後味もよく飲みやすく仕上げています
スペシャルティの中南米産ビーンズをベースにその年や季節にあわせて農園、品種、配合をかえています

@chillchill
*味わい ミディアム~フルボディ
*ロースト フルシティ~フレンチロースト
ビター&スイートな深煎り
深いコクと甘み、後味はすっきり。酸をあまり感じない、適度な飲みごたえです。
中南米産をnakayama coffeeがセレクト、季節ごとに農園が替わります。
(グアテマラ・オークランド農園を使用)


@Brazil Santa Ines
*農園名 Santa Ines
*農園主 Francisco Isidro Dias Pereira
*産地 ミナスジュライス、カルモデミナス
*精製方法 パルプドナチュラル
*品種 ブルボン亜種(アマレロ)
*標高 1,200m
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティロースト
ブラジル・サンタイネス農園。ナッツ系の香ばしさ、後味に柔らかい甘みが続く黄色い実のコーヒーです。

おまかせの三種類(各100g)