2014年6月29日日曜日

珈琲と眼鏡

中山珈琲焙煎所では只今ゆるーりと、NARA OPTIQUEさんが中山珈琲焙煎所に馴染む眼鏡をセレクトして、展示してくれてます。もちろん販売も。

コーヒーというは世界は、非常にマニアックでもあります。
そのいわゆるオタク気質な人には、メガネなんぞ格好のアイテムでございます。

ということはこうも言えるのでは
・美味しいコーヒーを淹れる人は眼鏡野郎が多い。

・眼鏡野郎は美味しいコーヒーを淹れるかも。

・眼鏡をかければ美味しいコーヒーを淹れることが出来る!かも。

というわけで、かなり強引ですが美味しいコーヒーがつくれなくて悩んでいる方も、気軽に試しがけしてください。
しばらく展示予定です、皆様のご来店お待ちしております。


2014年6月28日土曜日

7月:移動カフェ・出張ドリップの予定

7/6(sun)京都 @東急ハンズ京都店 「コーヒーワークショップ&サンプリング」珈琲豆販売
7/19(sat)奈良・明日香村 @国営飛鳥歴史公園 「なら国際映画祭プレイベント」出張ドリップ&珈琲豆販売
7/27(sun)奈良 @JR奈良駅前 「奈良オーガニックマーケット」出張ドリップ&珈琲豆販売

関西・近畿を中心に移動カフェを実施中

6/29(sun) 奈良オーガニックマーケットに出店です。

6/29(sun)奈良 @JR奈良駅前 「奈良オーガニックマーケット」出張ドリップ&珈琲豆販売
am8:00-12:00

お天気は微妙、コーヒーの味は絶妙、失礼!
お待ちしております~!

2014年6月24日火曜日

7月の中山珈琲焙煎所営業日


今週の営業予定です。

6/24(tue)中山珈琲焙煎所にて営業 12:00-20:00
6/25(wed)中山珈琲焙煎所にて営業 12:00-20:00
6/26(thu)中山珈琲焙煎所にて営業 12:00-20:00
6/27(fri)中山珈琲焙煎所にて営業 12:00-20:00
6/28(sat)中山珈琲焙煎所にて営業 12:00-20:00
6/29(sun)奈良・@JR奈良駅前 「奈良オーガニックマーケット」出張ドリップ&珈琲豆販売
6/30(mon)お休み

自分がつくったものが、ほかの人たちに何らかのかたちで必要とされているのは、なかなか素敵なことです。
今週もコーヒーをご用意してお待ちしております。

2014年6月19日木曜日

VARIO-V

カリタ・ナイスカットミルに続き、電動ミルのご紹介。

レディース&ジェントルマン、、、VARIO-V!

メリタから登場の一応家庭用ハイスペックグラインダーです。
特徴はエスプレッソ挽きがしっかりできる。
エスプレッソマシンでコーヒーをつくるカフェで使用できますね、オススメです。
使い方は、上のホッパーにコーヒー豆を入れて、真ん中の黒ポッチを押すと挽き始めます、そして粉が下の受皿に落ちる。
メーカーの説明は「細挽きから粗挽きまで40段階の調整が可能で、刃の形状は最高級の鋼を使用したコニカル式」と。
最高級の鋼って表現を言う機会はなかなか無いですね…はがねって。

やっぱり、すっきりした姿形がかっこいいい、決め手はそこでございます。
一度見に来てやってくださいませ。
VARIO-Vでした。

2014年6月17日火曜日

ナイスカットミル。

「“コーヒーを淹れる直前にコーヒー豆を挽く”ということが美味しいコーヒーライフを送るポイントです。毎日美味しいコーヒーをつくって飲む、ということは面倒がつきまとうことであります。」
とnakayama coffeeはうるさい頑固親父みたいに何度も言うてる状態ですが許してください、今回は面倒かけさせません。

レディース&ジェントルマン、、、ナイスカットミル!
 
ネーミングは改良の余地アリですが、機能は申し分なしの電動ミルです。
上のホッパーにコーヒー豆をいれて後ろのスイッチをオン、ステンレスの受皿に粉が落ちてきます。
挽き具合は真ん中のダイヤルで簡単に調整、色んな淹れ方・飲み方が楽しめるってことです。
エスプレッソ挽きこそは出来ませんが家庭で使用するなら充分すぎるスペックであります。
カフェで使ってるのもよくみかけますね、nakayama coffeeも出張コーヒーに使用しております。
部品交換も可能、奮発すれば10年は使える器具。
機能性とビジュアルが売りのロングセラー、カリタのナイスカットミルでした。
 


2014年6月13日金曜日

今年の初ホタル

昨日、焙煎所からの帰り道、近くの小さい川で今年初のホタルをみた。
気がつけばもう6月(しかも半ば!)、やっぱり人生は短い。
たしかに、生き急ぐ必要はないかもしれない。
切っても切り離せないお金、それはあるほうがいいのは間違いないけど、それより大事なことはもっとある。
けど、自分で選んだ仕事とはいえ、せっかく機会をもらったのだし、やれるだけのことはやってみたい。
食後にラジオを聴きながらそんなことをメモしてました、ホタルのように静かに燃えるぜい。
 
明日、土曜日も中山珈琲焙煎所にて営業です。(12:00-20:00)
日曜日は京都・城陽に出張カフェです。
よろしくお願いいたします!
 
 

2014年6月11日水曜日

ザッセンハウス・サンティアゴ

本日のコーヒーミル、4番目のご紹介です。
レディース&ジェントルマン、、、ザッセンハウス・サンティアゴ。

ネーミングのサンティアゴはチリの首都からとったのか。調べてみるとサンティアゴという名前は中米南米にかぎらずラテン圏にはいろいろあるみたいです。
ヨーロッパが南米に思いを馳せるノスタルジーでしょうか。
ちなみにチリ産のコーヒー豆って未だに見たことないなぁ。

で、このミルのメーカーはドイツ発祥。
使い方の特徴、豆を投入する蓋はパカっと気持ちよく開くし、手廻し取手の軸はブレなくスムーズに回転します。粉が落ちてくる引き出しの受皿もピシッと収まる。
 ボディ部分を膝あたりに挟んでガリガリ挽いちゃう。これが意外と挽きやすい、ボディ部分が凹んでいるのはそのため。
ちゃんと掃除さえしていれば次世代に残せるでしょう、そう考えるといいものです。
なんかきっちりしてはります、なんかドイツっぽいわ(お値段もしっかりしてはります)。

 個人的に好きなアンティークミル(スポングやプジョーやら)を取り扱いたいのだけれど、なかなか難しい、というわけで新品のザッセンハウスです。
大先輩のコーヒー屋さんが使っているのをみて痺れたなぁ、なかなか近づけないものですが、まずは模倣から。大体のことはまずは模倣から。
ザッセンハウス・サンティアゴでした~。

2014年6月8日日曜日

6/8(日) 中山珈琲焙煎所、オープンしてます。

6/8(日)も中山珈琲焙煎所、オープンしております。
(12:00~18:00)

皆様のご来店をお待ちしております!

2014年6月5日木曜日

Richer 7月号

6/5発売の、京阪神エルマガジン「Richer 7月号」に掲載していただきました。
木津川市へご用の際は是非ともお立ち寄り下さいませ~。

2014年6月4日水曜日

ポーレックスステンレスミルミニ

本日のコーヒーミル、3番目のご紹介です。
レディース&ジェントルマン、、、ポーレックス・ステンレスミル・ミニ!

やっぱり、カリタミルと構造は同じです。ポーレックス・ステンレスミルの弟分的ポジション。
受皿は筒型ステンレス製なので、静電気による粉のこびりつきストレスは感じません。
手廻しの取手部分が外れコンパクトになる、そして挟んで収納できる。
内部の刃はセラミックなので丸洗い出来て、このコンパクトさ、やっぱりアウトドアにもってこいなのです。むしろアウトドア用と言っても過言じゃないです。
ちなみにミニになった分、豆の容量は20gです。(兄貴は30gほど)

これを含むコーヒーセット(コンロ、やかん、ドリッパー)を持って、川へ行きましょう(今がベストシーズン!)、美味しい湧水があれば言うことなし、最高です。
またBBQにて、手土産もなし、準備や片付けもろくにできない男子は、みんなにコーヒーをつくって名誉挽回しましょう。

手間を使って株を上げる、ポーレックス・ステンレスミルでした。


2014年6月3日火曜日

Costarica CerroAlto,NEW!

Costarica CerroAlto,NEW!
コスタリカ・セロアルト
*農園名 セロアルト集合農家
*産地 コスタリカ・セントラルバレー・サンラファエル・デ・エレ・ディア
*精製方法 フリーウォッシュド
*品種 カトゥーラ、カトゥアイ
*標高 1600m
*ロースト シティロースト

COEにも入賞実績があり、環境への配慮も万全。「トップクオリティのコーヒーを楽しんでもらうだけ
でなく、スタッフがポジティブな社会的影響を担う」という理念。まさにサスティナブルな農園です。
透明感のある甘みとフローラルな香り、カカオのフレーバーも。品質面で徹底した管理を行っているセロアルト精選場からのセレクションです。
 
 
 
 
 

2014年6月1日日曜日

6月のおまかせ3種

6月は、コスタリカ!

おまかせ3種のセレクトにおいてのルール、といえば大袈裟ですが心がけていることがあります。
・先月のセレクトと同じにならないように(ハウスブレンドは例外)
・季節に合ったコーヒー豆を

ということで、6月のセレクトは
・House blend(100g)
・Costarica CerroAlto(100g)
・Honeychocola(100g)

今月は。
コスタリカを飲んでいただきたい。
派手さないですが、苦味・甘み・酸味・飲みごたえのバランスがいいマイルドなコーヒーです。
今後は定番化かも?の候補生コーヒーです。

@House blend
ハウスブレンド
*産地 グアテマラ、コロンビア
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティ~フルシティロースト
カカオのようなアロマとボディ チョコレートのような風味が鼻に抜ける 広がる甘みをほのかな酸が中和します 後味もよく飲みやすく仕上げています
スペシャルティの中南米産ビーンズをベースにその年や季節にあわせて農園、品種、配合をかえています

@Costarica CerroAlto
コスタリカ・セロアルト

*農園名 セロアルト集合農家
*産地 コスタリカ・セントラルバレー・サンラファエル・デ・エレ・ディア
*精製方法 フリーウォッシュド
*品種 カトゥーラ、カトゥアイ
*標高 1600m
*ロースト シティロースト

透明感のある甘みとフローラルな香り、カカオのフレーバーも。品質面で徹底した管理を行っているセロアルト精選場からのセレクション

@Honeychocola
ハニーショコラ
*産地 ブラジル ミナス
*品種 ブルボン・アカイア・カツーラ
*味わい フルボディ
*ロースト フレンチロースト
 ブラジル産ダテーラ農園のダークロースト
トロッとした感覚を伴う甘いビターチョコフレーバーを感じます
深煎りなのでミルクとの相性も抜群,カフェオレやアイスコーヒー用としてもオススメしています
*特に水出しコーヒーでの抽出は苦味を押さえ、マイルドな甘味を楽しめます

おまかせの三種類(各100g)