2016年10月1日土曜日

10月のおまかせ3種

10月は日常と非日常。

おまかせ3種のセレクトにおいてのルール、といえば大袈裟ですが心がけていることがあります。


・先月のセレクトと同じにならないように(ハウスブレンドは例外)

・季節に合ったコーヒー豆を
ということで、10月のセレクトは
・House blend(100g)
Indonesia Wahana Rasuna Natural(75g)
・Guatemala Latacita(100g)

今月は

ハウスブレンド、グアテマラはnakayamacoffeeにとって定番です。それは日常で飲んでもらいたいコーヒーとも言えます。インドネシアは一般的なコーヒーのイメージとは違う味わいを楽しめるので、客人をもてなす場面とかにおすすめ。どれもペーパードリップもしくはフレンチプレスでとびきりに美味しいですよ。

@House blend

ハウスブレンド
*産地 グアテマラ、コロンビア
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティ~フルシティロースト
カカオのようなアロマとボディ チョコレートのような風味が鼻に抜ける 広がる甘みをほのかな酸が中和します 後味もよく飲みやすく仕上げています
スペシャルティの中南米産ビーンズをベースにその年や季節にあわせて農園、品種、配合をかえています

@Indonesia Wahana Rasuna Natural
インドネシア ワハナ農園 ラスーナ ナチュラル
*農園名 ワハナ農園
*産地 北スマトラ州ダイリ県 シディカラン
*品種 ラスーナ
*精製方法 ナチュラル
*生産者 PT.Wahana Graha Makmur
*標高 1,250-1,300m
*ロースト シティロースト
インドネシアでは希少な単体農園のナチュラル精製
バターのように滑らか、メロンのような香りです
従来のマンデリンがもつイメージとは少し違う、世界基準のインドネシア・スペシャルティです
ラスーナはインドネシア特有の品種であり、ティピカ亜種とカチモール亜種の配合種です。



@Guatemala LaTacita

グアテマラ・ラタシータ農園 シティーロースト
*農園名 finca La Tacita
*農園主 Rodrick Falla
*産地 Antigua,Guatemala
*精製方法 ウォッシュド、天日乾燥
*品種 ブルボン、ティピカ
*標高 1,700-2,100m
*味わい ミディアムボディ
*ロースト シティロースト
(La tacita)小さなカップまたは可愛いカップを意味する
ラタシータ農園はアカテナンゴ火山の麓に位置し、肥沃で柔らかい火山灰土壌と、噴火中のフエーゴ火山の地熱の影響により、標高2,100mまでコーヒー栽培を可能にするそうです一般的に標高1,800m以上では朝晩の温度が急低下することからコーヒー栽培は困難とされています
シェードツリーも50年以上の大木で覆われていることから、コーヒーの樹木も上へ上へと、いつの間にか4~5メートルの大木へと成長するそうです
柑橘系とカカオ、少しワイニー。バランスがよく柔らかい口当たりです