2011年3月20日日曜日

Stevie wonder "Stevie wonders'original musiquarium 1,vol.1"

老若男女マスターピースですふいにスティービーワンダーが聴きたいなぁと思う時がある。どんな時かっていうと少し疲れてるときなんですが…なんせ歌声が優しいっす。
けどスティービーワンダーを聴きたくなる自分の気持ちを分析してみると・涙をさそう感じを求めているのではなく、慰めてもらうっていうのもなんか違う。曲は退廃的ではないし自暴自棄にもならない。
なぜ聴きたくなるのか答えはでません、大御所を分析するには青すぎるんでしょうか。いやきっと大御所にはそんな問いかけ愚問なんでしょう。
だってスティービーワンダーを聴いて仕事に励もうという行為自体はポジティブですから、それでいいんです。
やっぱり、とにかく、スティービーワンダーは優しくてさらに力強い