2011年4月15日金曜日

peter tosh

最近ほんと暖かい、外仕事の友達は早々に日焼けして顔が黒い。
そして初夏に向けたアイスコーヒーの研究。エチオピア・イルガチョフのアイスコーヒーを試飲(熱々ドリップを氷で急冷、香りがたつ。アイスティーみたいです、ブラックでオススメ)
あれだけ嫌気がさしてた冬が終わり、晴れ間も多いこの春、野外カフェシーズン到来で猿のようにウキウキするべき春。
けど今年はやっぱりノリきれない日も多いです。原発反対関連の記事をみて更に気が沈む(これは目をそむけてはいけない問題、知っておくべき事実があまり知られていない)

そういう小春日和のどうしようもなく気怠いときはダブ、スカ、ロックステディなレゲエを聴く。これは気怠さを増長しかねないリスクの高い選曲、そのタイミングに来店されたお客さんもダブの気怠さに巻き込む。
ズンチャカズンチャカとゆるいリズムで。
けどメッセージは過激なくらい反体制派。この要素が少しだけ気持ちに火を着けてくれますpeter tosh(中央。この人のことはあまり詳しく知りませんがライブ盤がかっこいい)