2013年5月23日木曜日

アイスコーヒー

天気予報によると京都はいい天気が続きそうですわー。
そういう季節にはアイスコーヒー。

そこで手の込んだアイスコーヒーの作り方を、簡単にご説明。

アイスコーヒーは時間をかけ濃く抽出するのが基本です
ホットコーヒーよりも粉を多めにしましょう
コーヒーは冷めると酸味を感じやすくなるため、深いローストの豆を使い、苦味を出すほうが飲みやすいです

*2人分
(抽出量)200cc
(粉の量)30g
(ロースト)フレンチ
(粒度)中~中細挽き
(湯温)90~95℃

①ペーパーフィルターに粉を入れ、ドリッパーにセットして、軽くゆすって粉を平らにします。粉の中央に、お湯を、細かく一定に注ぎます。

②お湯は中心から外側に渦巻状に注ぐのがコツ。ただし、端に注ぐと横からお湯が抜けて抽出のバランスが崩れてしまうので、端にかけないように注意しましょう。粉の表面が膨らんだら、一度お湯を注ぐのをとめます。

③膨らんだ粉が落ち着いたら、再び同じようにお湯を注ぎます。最初は一分間かけてしっかりと淹れましょう。濃く抽出するために、さらに2~3分かけて淹れます。

④抽出が終わったらグラスに氷をたっぷりと入れて、熱いままのコーヒーを注ぎます。色が澄んだ、きれいなアイスコーヒーができます。


お試しください。