2011年5月13日金曜日

カメラ

カメラを持ち自分で撮りはじめて2年くらいになります(たいした腕前ではないのでたいした話ではありませんよ)
カメラ知識ゼロからのスタート。
ニューヨークへ旅行することになりどうしても憧れの地を記憶にとどめたくてカメラ購入を決断、というありがちなきっかけ。
そして迷うことなく雑貨屋さんへ行きしっかり撮れているか現像するまでわからないというギャンブル性の高いお茶目な伝説のトイカメラ「HOLGA」を買いました。ちなみにホルガマニアが全国にたくさんいるらしいです。
とにかく撮りまくったその旅行でまともに撮れていた写真は1/3ほど。
その現像された結果をみた時の悔しさとトイカメラを選んだ自分の残念さが更にカメラへの興味を深めてくれました。
スタートはこれでいいんです、悔しさをバネに、劣等感をエネルギーにしましょう。