2011年6月3日金曜日

野田琺瑯

みんな同じ方向を向いてしまうと、なんか退屈になってしまう。
かと言って反れてしまうと寂しい。少数派は孤独がつきもの。
こういう感覚は(この感覚は多数派だと思う)さかのぼると小学生くらいからありますよね。いや、もっと前か。とにかくそれ以前はあまり記憶がない。
矛盾はつきもの。

ご覧いただいてます写真は中山珈琲焙煎所に置いてある人気のロングセラー、野田琺瑯のスリムポット。
ディスプレイの向きこそ同じですが、同じ色は二つとありません。
そうです、少数派な店の少数派な品揃えです。
お友達と「同じ色を買いましょね」とはいかないのです。申し訳ありませんが孤独な道を選んでいただきます。

だって退屈はダメでしょ。
矛盾はつきものということで、ご理解を。